反田恭平の父親は東大卒で世田谷の実家はお金持ち!年収もヤバいことに!

 

反田恭平の父親は東大卒で世田谷の実家はお金持ち!年収もヤバいことに!というタイトルでお伝えしたいと思います。

天才ピアニストといわれている反田恭平(そりた きょうへい)さん

今最も注目されているピアニストになります。

父親は東大卒らしく、どんな人なのでしょうか。

そして、実家は世田谷区にありお金持ちらしいですね。

実家もお金持ちだそうですが、反田恭平さん自身の年収もヤバいことになっているそうです。

詳しくお伝えしたいと思います。

反田恭平の父親は東大卒で世田谷の実家はお金持ち!

反田恭平の父親は東大卒で世田谷の実家はお金持ち!

反田恭平さんは、2021年10月、ワルシャワでおこなわれた「ショパン国際コンクール」で2位となりました。

日本人としては51年ぶりの快挙だったのです!

「ショパン国際コンクール」は、若手ピアニストの登竜門をいわれ、5年に1度の開催になります。

世界中のピアニストにとって憧れのコンクールになります。

参加資格は、16歳以上30歳以下となっています。

2021年時点で27歳になる反田恭平さんにとってはラストチャンスだったのです。

また反田恭平さんの活動は音楽だけにはとどまりません。

2021年、日本初めて管弦楽団で株式会社形式となった「ジャパン・ナショナル・オーケストラ」を設立し、実業家としての活動もされています。

反田恭平さんは、1994年生まれの現在27歳になります。(2021年時点)

家族は両親と本人3人家族になります。一人っ子だったのですね。

北海道札幌市で生まれましたが、東京都の世田谷区で育ちました。

父親はどんな人なのでしょうか。

父親は、反田憲秀さんという方になります。

転勤があるサラリーマンだったようです。

高学歴で東大卒というウワサもあるようですが、ホントかどうかはわかっていません。

しかし、職業は会社員で特に音楽や楽器などを専門に学んだ方ではなかったそうです。

有名な音楽家になるくらいの方の家庭は、当然両親も楽器をやり熱心ということが多いですよね。

しかし、反田恭平さんの父親は、当初息子がピアニストになることを反対していたそうです。

むしろ、息子が子供の頃に電子ピアノを弾いているとうるさいっと怒鳴っていた父親だったそうです。

でも、全く音楽がわからない父親だからこそ、本人は押しつけられずに自由に才能を伸ばすことができたのかもしれません。

また母親はエレクトーンをやっていました。

幼い頃の反田恭平さんは母親がエレクトーンを演奏すると、たちまち同じ音楽を弾いてみせたそうです。

すでに、天才ぶりがわかるエピソードですね。

また反田恭平さんの出身中学校は世田谷区立烏山中学校になります。

現在はわかりませんが、子供の頃は世田谷区の烏山近辺に実家があったようですね。

世田谷区烏山は、京王線沿線にある住宅地になります。

高校も同じ沿線にある私立の桐朋学園女子高校の音楽科を卒業されています。

また実家はお金持ちともいれていますね。

反田恭平さんは、4歳の時からヤマハでピアノを習っていました。

同時にスポーツも好きな男の子だったようでサッカーもやっていました。

そのため、本学的にピアノをはじめたのは12歳の時だったそうです。

桐朋学園大学音楽学部が運営している子供のための音楽教室「仙川教室」に通うようになりました。

音楽家を目指すにはちょっと遅いような年齢と思われますが、教室に入ってからわずか2年で国内の数々のコンクールで優勝するようになります。

天才に年齢は関係ないようですね。

さらに、一音会という音楽教室にも通い本格的にピアノを学ぶようになりました。

一音会というのは、」豊島区にある一流の講師がそろっている名門の音楽教室になります。

そして、優秀だったようで高校、大学とも奨学金をもらい通っていました。

しかし、音楽の道へ進むにはお金がかかりますよね。

また子供の才能に早くからお金をかけることができたので、やはり反田恭平さんの実家はお金持ちだったのではないかと思います。

(反田恭平のプロフィール)

生年月日:1994年9月1日

年齢:27歳

血液型:AB型

利き手:左

出身地:北海道札幌市

学歴:桐朋学園女子高校の音楽科卒業

モスクワ音楽院留学

年収もヤバいことになっていた!

年収もヤバいことになっていた!ということに注目してみたいと思います。

ショパン国際コンクールで2位となり、世界中から注目されるピアニストとなった反田恭平さんでした。

年収もケタちがいにすごいことになっているそうです。

まず、ピアニストとしてのコンサートのチケット収入があります。

年間で40件以上のコンサートの予定があるそうです。

チケットの値段は大体5000円~7000円くらいになります。

現在、最もチケットが取れないピアニストですから、すぐに完売してします。

また、主催している「ジャパン・ナショナル・オーケストラ」のメンバーでとしての収入もあります。

さらに、CDや関連グッスの売り上げ、オンラインコンサートの収入、テレビやイベント出演の収入もありますね。

軽く億超えとなりヤバいくらいの年収ですね。

やはり、反田恭平さんの年収がすごいことになっているというウワサはホントだったようです。

【ネット上の声】

 

まとめ

反田恭平の父親は東大卒で世田谷の実家はお金持ち!年収もヤバいことに!についてまとめてみました。

反田恭平さんは、現在国内のみならず世界を舞台に活躍るようになりました。

子供の頃はピアノの音がうるさいと怒鳴っていた父親も今ではきっと1番応援しているはずですよね。