大八木監督(駒沢大学)名言の男だろは封印?激が変わった優しくなった?

大八木監督(駒沢大学)名言の男だろは封印?激が変わった優しくなった?というタイトルでお伝えしたいと思います!

箱根駅伝といえば、駒沢大学の大八木監督!

もはや箱根駅伝で激を飛ばす名物監督して全国に知られています。

そんな大八木監督(駒沢大学)の名言といえば、「男だろ!」になります。

ところが、最近はこの名言「男だろ」は封印しているのではといわれています。

また、大八木監督(駒沢大学)の激が優しくなったともいわれていますが、どうなのでしょうか。

 

 

大八木監督(駒沢大学)名言の男だろは封印?

大八木監督(駒沢大学)名言の男だろは封印?ということに注目してみたいと思います!

 

長年、駅伝の名門校、駒沢大学の陸上競技部を率いる大八木監督。

日本一熱い激を飛ばす監督として知られています。

それだけに名言やエピソードには事を欠きまません。

特に、大八木監督が走行中の選手たちに飛ばす激の「男だろ!」もはや箱根駅伝の名物ともなっていました。

しかし、ここ数年大八木監督の激に異変がおこっているといわれているようです。

名言男だろ!を封印しているのでしょうか。

一説には、名言「男だろ!」はパワハラと言われることもあったようです。

また、一部のフェミニストからは時代遅れとも言う声があったらしいのです。

しかし、これまで大八木監督の名言の「男だろ!」の名言はすばらしい効果を上げてきました。

2020年の第97回箱根駅伝・往路2区のことでした。

駒沢大学の走者は、田沢廉選手でした。

当時の駒沢大学の順位は、トップと47秒差の15位という絶望的な順位となっていました。

ところが、追従車両の大八木監督から「男だろ!」と激しい激を飛ばれると、田沢廉選手は驚異的なペースアップを見せたのです。

そして、最終的には駒澤大学は区間7位まで順位を上げることができました。

また、2008年の第84回箱根駅伝では、5区山上りと6区山下りを走った2人の選手に「男だろ!」と檄を飛ばしまくりっていました。

やはり、大八木弘明監督の「男だろ!」を聞いた選手たちは、反射的にスピードアップしたのです。

そして、あっという間に先頭選手を抜いたのです。

やっぱり「男だろ!」は、選手たちにとってすごい効果があり、勝つための名言にちがいありません。

大八木監督の「男だろ!」はパワハラなどではなく、大八木監督と選手との信頼関係があってこその名言であることがわかりました。

激が変わった優しくなった?

激が変わった優しくなった?ということが話題になっていますね!

ところが、大八木監督の激が変わった優しくなったという声が視聴者の間から浮上しているようです。

箱根駅伝2023における大八木監督の激はどうなっていたのでしょうか。

1月3日6区を走る選手に対して、大八木監督がかけた言葉は「男だったら行けよ!」

「男になっているぞ!」というものでした。

確かに、名言の「男だろ!」は使われていなかったようです。

ネット上の声をみても、大八木監督は優しくなったという声もあるようです。

確かに「男だったら行けよ!」では、少しトークダウンしたようにも思えます。

優しくなって物足りなさを感じる視聴者もいたようですね。

しかし、頻繁に選手に激を飛ばし、熱量は全く変わっていませんでした。

ネット上の声

大八木監督に激を飛ばされたい人続出中!

まとめ

大八木監督(駒沢大学)名言の男だろは封印?激が変わった優しくなった?についてまとめてみました。

大八木監督の「男だろ!」を聞かないと新年の始まりを感じないといった声が多いようです。

大八木監督には全国の駅伝ファンのためにも激を飛ばし続けてほしいですね。