松本梨香の父親は誰?プロフィール(経歴)とあわせて母親や家族構成を調査!

松本梨香の父親は誰?プロフィール(経歴)とあわせて母親や家族構成を調査!について詳しくお伝えしていきます。

2020年11月9日に放送された「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP」で密着取材を受け、家族について、自身の人生について語り、とても大きな反響を呼びました。

今回は放送で明らかになったお父さんのことや家族について、さらには松本さんのプロフィールや代表作についてまとめました!

松本梨香の父親は誰?

松本さんのお父さんは、大衆演劇「新青座 中村雄次郎劇団」の座長を務めていた、中村雄次郎さんです。

大衆演劇とは、「“何でもアリ”のごった煮エンターテイメント」と言われ、お芝居だけでなく歌や踊りもあり、舞台を見に来ているお客さんと距離が近いのが特徴としてあげられています。

お父さんの背中を見て育ち、お父さんが座長を務める舞台に立っていた松本さんの目標は、劇団を継ぐことでした。

松本さんのお父さんは2004年に病気でお亡くなりになっています。

松本さんは、「これからも大衆の皆様の心に寄り添い、父のスピリットを繋いで、最高のパフォーマンスを届けていきたい」と語っています。

今でもお父さんを尊敬しているのが伝わってきますね。

松本梨香の家族構成は?

松本さんはテレビの密着取材を受けたときにご家族について、大衆演劇の座長を務めるお父さんとダンスホールのあるお店を持つお母さん、1歳上のお兄さんがいることを話していました。

お兄さんの彰さんは生まれた時から麻痺があって言葉が話せず、左足のアキレス腱が短かったため何度も手術を受けていたそうです。

双子のようにいつも一緒で、お兄さんがいじめられた時には体当たりで守り、お兄さんを受け入れてくれないような友達はいらない、結婚してもお兄さんと一緒に住むから理解してくれる人じゃないと結婚できない等と思っていたと振り返りました。

松本さんは「お父さんの劇団を継ぐ」「お兄さんを一生支える」と2つの夢を持って高校を卒業し、俳協養成所に入所します。

養成所を卒業して1年で劇団「こまつ座」の舞台「雨」に大抜擢されましたが、誰よりも松本さんの活躍を喜んでいたお兄さんが、松本さんの公演中に心筋梗塞で21歳という若さで亡くなってしまいます。

松本さんは、仕事に穴を開けられない、大好きなお兄さんのお葬式にも出席できないという不安定な状態で舞台に立ち続けたそうです。

松本梨香のプロフィール

生年月日:1968年11月30日
身長:160cm
血液型:O型
出身地:神奈川県
趣味:旅行(温泉巡り)
特技:日本舞踊、絵を描くこと、やり投げ
所属事務所:株式会社44プロダクション
MILLENNIUM PRO

お兄さんが亡くなってしまった後立て続けに松本さんも結核にかかってしまい、お医者さんから「1週間見つかるのが遅れたら命が危なかった。舞台をやったら死ぬと思ってください」と言われてしまいます。

高校卒業のときに掲げた「お父さんの劇団を継ぐ」「お兄さんを一生支える」という夢を同時に失った松本さん。

この辛い状況の時に頼ったのが、養成所時代の同期で、すでに声優として活躍していた山寺宏一さんでした。

松本さんが「声の仕事って難しい?」と相談したところ、山寺さんは「おまえだったら大丈夫じゃない?」と背中を押してくれたそうです。

相談の後すぐにオーディションを受け、「おそ松くん」の松野チョロ松役で見事合格、デビューを果たします。

そんな松本さんについて、養成所で苦楽を共にした山寺さんは、「うまい人はいっぱいいるけど、ちょっと違う。誰にも似ていない。」「唯一無二」と評しています

声優になったことについて松本さんは、「めちゃくちゃ楽しい、なるべくしてなった。」と語り、「あの頃の兄ちゃんと一緒に過ごしたものが表現につながっていると思う。アニメーションとか戦隊モノを兄ちゃんが好きだったので。」と振り返りました。

松本梨香の経歴(代表作)は?

壮絶な人生を歩んできた松本さん、代表作と言えば「ポケットモンスター」の主人公・サトシですよね。

24年もの間サトシを続けている松本さんは、「(サトシは)自分なんですよ。新しい物語に出会うから”今日こういうことがあったな”って感じでストーリーに向き合っています。」と語っています。

ポケットモンスターのオーディションで元々はサトシのライバルであるシゲル役で参加していましたが、オーディションが終わった後サトシ役も受けるように勧められ、結果的にサトシ役で決まったそうです。

松本さん以外がサトシの声をやっていたかもしれないなんて、想像ができませんね。

長年サトシを演じてきた影響でのど仏ができたそうです。

ポケットモンスター以外にも代表作がたくさんあったので、まとめてみました!

・おそ松くん(松野チョロ松)〈1988年放送〉
・おぼっちゃまくん(貧乏耐三)
・絶対無敵ライジンオー(日向仁)
・伝説の勇者ダ・ガーン(高杉星史)
・機動戦士ガンダムV(ウォレン・トレイス)
・NINKU-忍空(風助)
・快傑ゾロ(ベルナルド)
・夢で逢えたら(磯部波子)
・ルパン三世 1$マネーウォーズ(サンデイ・フィッシュバーン)
・遊☆戯☆王デュエルモンスターズ(獏良了)〈第50話以降〉

松本梨香の父親は誰?プロフィール(経歴)とあわせて母親や家族構成を調査!まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は壮絶な人生を送ってきた松本さんの家族や代表作についてまとめてみました。

ポケットモンスターは今や世界に誇る作品になり、松本さん自身も世界的に有名です。

2019年には日本政府から海外へ日本文化を発信することを担う「クールジャパン・アンバサダー」に任命されました!

松本さんには体に気を付けて、これからもサトシ役を続けてほしいと思います。